てがみ 085 けいおうさんねんはちがついつか ながおかけんきちあて
手紙 085 慶応三年八月五日 長岡謙吉あて

冒頭文

御別後同二日夕方、すさき港ニ着船仕候。此地の一件ハ石清((中岡慎太郎))ニ申送候。 御聞取可石清(レ)被石清(レ)下」小弟是より長崎へ廻り不日ニ上京仕候。 御待可石清(レ)被石清(レ)遣((おまちつかはさるべく))候。」別紙宜((よろしく))御頼申上候。謹言。 八月五日 楳拝 謙吉様 右件直次郎ニ御伝奉宜(レ)頼候。以上。

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • 龍馬の手紙、宮地佐一郎
  • 講談社学術文庫、講談社
  • 2003(平成15)年12月10日