てがみ 075 けいおうさんねんごがつにじゅうはちにち おりょうあて
手紙 075 慶応三年五月二十八日 お龍あて

冒頭文

其後ハ定而((さだめて))御きづかい察入候。 しかれバ先ごろうち、たび〳〵紀州の奉行(ブギヨウ)、又船将(センシヨヲ)などに引合いたし候所、なにぶん女のいゝぬけのよふなことにて、度々論(ロン)じ候所、此頃ハ病気(ビヨヲキ)なりとてあ((会))わぬよふ ((に))なりており候得ども、後藤庄次郎と両人ニて紀州の奉行へ出かけ、十分にやりつけ候より、段々義((議))論がはじまり、昨夜今井((長岡謙吉))

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • 龍馬の手紙、宮地佐一郎
  • 講談社学術文庫、講談社
  • 2003(平成15)年12月10日