てがみ 063 けいおうさんねんしがつにじゅうしちにち てらだやおとせあて
手紙 063 慶応三年四月二十七日 寺田屋お登勢あて

冒頭文

此一品ハきみへ((楢崎君江))におつかハし被きみへ(レ)成度、あれハ今どこにおるかしらん、たゞきづかい候。此度ハ下の関にせつかくつれてこふとおもいしニ、やれ〳〵、又これよりながさき((長崎))にかへるわ。言わいでもよろしきことなれども、御きおつけて被ながさき(レ)下まし。 四月廿七日 おとせさま 梅より

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • 龍馬の手紙、宮地佐一郎
  • 講談社学術文庫、講談社
  • 2003(平成15)年12月10日