てがみ 056 けいおうさんねんにがつにじゅうににち みよししんぞうあて
手紙 056 慶応三年二月二十二日 三吉慎蔵あて

冒頭文

近時新聞 ○薩州大山格之助廿日関ニ来ル。則面会。此人築((ママ))前ニ渡リ本国ニ帰ル。其筑前ニ渡る故ハ此度、朝廷より三条卿を初メ五卿を御帰京の事被築(二)仰出築(一)候よし、此儀ニ依而の事なり。 ○先日井上聞((馨))太が京師より下りし時の船ニて、西郷吉((吉之助))ハ帰国致セし。此故ハ薩侯御上京の儀を以て下りし。 ○此頃幕ニも大ニおれ合、薩州にこび候事甚しく、然レども将軍ハよ程の憤

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • 龍馬の手紙、宮地佐一郎
  • 講談社学術文庫、講談社
  • 2003(平成15)年12月10日