てがみ 053 けいおうさんねんにがつじゅうさんにち てらだやおとせあて
手紙 053 慶応三年二月十三日 寺田屋お登勢あて

冒頭文

此さし出候帯屋も助たしかなる人なれバ、皆〻様御返じ何なりとも御なし可(レ)被(レ)下候。私がおり候所ハ、 下の関東本陳((ママ)) 伊藤助太夫 右の所ニて候(早々)御返じ御こし。 私しの名ハ、 薩州 才谷梅太郎と御 あてニて御こし。

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • 龍馬の手紙、宮地佐一郎
  • 講談社学術文庫、講談社
  • 2003(平成15)年12月10日