こじき 05 ごくさくいん
古事記 05 語句索引

冒頭文

語句索引凡例 一、本書の書き下し文について、そのうちの重要な語句を摘出して索引を作つた。神武天皇の如きは、本文にはないが、便宜上これを出してその記事の所在を示すこととした。主として句頭に出ない語句をこの索引に收め、他は歌謠各句索引に讓つたものが多い。 一、同一の事項と認められるものは、用字が多少相違していても、一つに整理して出した。何々の命、何々の神、何々の王の如きも、たいてい一つ

文字遣い

その他

初出

底本

  • 古事記
  • 角川文庫、角川書店
  • 1956(昭和31)年5月20日