こじき 04 かいせつ
古事記 04 解説

冒頭文

一 古事記は、上中下の三卷から成る。その上卷のはじめに序文があつて、どのようにしてこの書が成立したかを語つている。古事記の成立に關する文獻は、この序文以外には何も傳わらない。 古事記の成立の企畫は、天武天皇(在位六七二—六八六)にはじまる。天皇は、當時諸家に傳わつていた帝紀と本辭とが、誤謬が多くなり正しい傳えを失しているとされ、これを正して後世に傳えようとして、稗田(ひえだ)の

文字遣い

旧字新仮名

初出

底本

  • 古事記
  • 角川文庫、角川書店
  • 1956(昭和31)年5月20日