こじき 01 はんれい
古事記 01 凡例

冒頭文

一 本書は、古事記本文の書き下し文に脚註を加えたもの、現代語譯、解説、および索引から成る 一 古事記の本文は、眞福寺本を底本とし、他本をもつて校訂を加えたものを使用した。その校訂の過程は、特別の場合以外は、すべて省略した。 一 書き下し文、および索引は、歴史的かなづかいにより、その他の部分は、新かなづかいによつた。漢字はすべて正體を使用した。 一 古事記は、三卷に分けてあるだけで、内容につい

文字遣い

旧字新仮名

初出

底本

  • 古事記
  • 角川文庫、角川書店
  • 1956(昭和31)年5月20日