みけの ごうがいやさん
みけの ごうがいやさん

冒頭文

あかとらが、みけに であって、 「その くびに つけた、ぴかぴかする ものは なんですか。」 と ききました。 「うちの ぼっちゃんが、つけて くれた すずです。」 と、みけが こたえました。 「どれ、あるいて ごらんなさい。」 みけが あるくと、カラカラ カラと すずが なりました。 「あっはは、ごうがいやさんみたいだ。」 と、あかとらが わらいました。 みけは はずかしく な

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 定本小川未明童話全集 16
  • 講談社
  • 1978(昭和53)年2月10日