おっぱい
おっぱい

冒頭文

赤(あか)ちゃんが、おかあさんの おっぱいを すぱすぱと のんで いました。そばで みて いた つね子(こ)ちゃんは、 「おいしそうね。」 と いいました。 「おまえも こう して のんだのですよ。」 と、おかあさんが おっしゃいました。つね子(こ)ちゃんは きゅうに おちちが こいしく なりました。 「あたしにも のましてよ。」 と、おかおを だすと、赤(あか)ちゃんが、 「ううん

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 定本小川未明童話全集 16
  • 講談社
  • 1978(昭和53)年2月10日