てがみ 025 けいおうにねんいちがつみっか くぼまつたろうあて
手紙 025 慶応二年一月三日 久保松太郎あて

冒頭文

先刻御面遠((倒))御頼申上候。早速御世話被遠(レ)遣難遠(レ)有次第奉遠(二)万謝遠(一)候。 然ニ別封桂小五郎先生まで相達申度、何時ニてもよろしく御便の節御送奉遠(レ)願候。 何卒宜御願申上候。 正月三日 拝稽首。 梅太郎 久保先生 左右 才谷梅太郎 久保松太郎様 虎皮下 龍

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • 龍馬の手紙、宮地佐一郎
  • 講談社学術文庫、講談社
  • 2003(平成15)年12月10日