てがみ 023 けいおうがんねんじゅうにがつじゅうよっか いわしたさじえもん、よしいともざねあて
手紙 023 慶応元年十二月十四日 岩下佐次右衛門、吉井友実あて

冒頭文

一筆啓上。 然ニ私ニ非レバたれか上関迄出し候心積ニ候所、此頃御国より相廻り候船、下の関ニ参候時節、人なく幸ニ黒田了介((清隆))殿御出ニ候得共、今少し御留りの儀故ニ無了介(二)是非了介(一)候。私とても了介殿御同伴上坂も致候。芸((芸州))永井主人((主水正))が事ハ兼而((かねて))長州の政府の論の如ク相辨候所、永井曰ク、然レバ諸隊頭立((かしらだち))候者ニ面会可頭立(レ)致と、則諸隊頭立候

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • 龍馬の手紙、宮地佐一郎
  • 講談社学術文庫、講談社
  • 2003(平成15)年12月10日