てがみ 018 けいおうがんねんくがつここのか いけくらたかぞくあて
手紙 018 慶応元年九月九日 池内蔵太家族あて

冒頭文

時々の事ハ外よりも御聞被(レ)遊候べし。然ニ先月((閏五月))初五月ナリシ 長国下の関と申所ニ参り滞留致し候節、蔵に久しくあハぬ故たずね候所、夫((それ))ハ三日路も外遠き所に居候より其まゝニおき候所、ふと蔵ハ外の用事ニて私しのやどへまいり、たがいに手お((を))うち候て、天なる哉〳〵、きみよふ((奇妙))〳〵と笑申((ひ))候。このごろハ蔵一向病き((気))もなく、はなはだたしや((達者))な

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • 龍馬の手紙、宮地佐一郎
  • 講談社学術文庫、講談社
  • 2003(平成15)年12月10日