てがみ 016 けいおうがんねんくがつなぬか さかもとごんぺい、おとめ、おやべあて
手紙 016 慶応元年九月七日 坂本権平、乙女、おやべあて

冒頭文

九月六日朝、はからず京師寺町ニ川村盈進((えいしん))入道ニ行合、幸御一家の御よふす承り御機嫌宜奉盈進(二)大賀盈進(一)候。二((つぎ))ニ私共初((はじめ))、太郎((高松))無太郎(二)異儀太郎(一)憤発出勢((精))罷在、御安慮奉勢(レ)願候。 一、目今時勢御聞入候。 当時さしつまりたる所ハ、此四月頃宇和島候((ママ))より長州え送一封の事也。夫ハ此度将軍長征ノ故を、幕史より書付を以て

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • 龍馬の手紙、宮地佐一郎
  • 講談社学術文庫、講談社
  • 2003(平成15)年12月10日