てがみ 014 げんじがんねんろくがつにじゅうはちにち さかもとおとめあて
手紙 014 元治元年六月二十八日 坂本乙女あて

冒頭文

かの小野小町が名哥((歌))よみても、よくひで((日照))りの順のよき時ハうけあ((請合))い、雨がふり不うけあ(レ)申。あれハ北の山がくもりてきた所を、内〻よくしりてよみたりし也。 につただゝ((ママ))つねの太刀おさめてしほ((潮))の引しも、しほ時をしりての事なり。 天下に事をなすものハねぶともよく〳〵は((腫))れずてハ、はり((針))へハうみ((膿))をつけもふさず候。 おやべどの

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • 龍馬の手紙、宮地佐一郎
  • 講談社学術文庫、講談社
  • 2003(平成15)年12月10日