てがみ 013 ぶんきゅうさんねんはちがつじゅうくにち かわらづかしげたろうあて
手紙 013 文久三年八月十九日 川原塚茂太郎あて

冒頭文

家兄((坂本権平))より(京)より大坂までおこし候文ニ付て、さし出申候存意、 ○彼養子のつがふハ積年の志願ニて、先年も度々申出候得(共兎角)兄が(心)配ニ相掛候事なれば終に立服((ママ))致候ほどの事にて候ハ、雅兄ニもよく御存の((知))所ニて候。又兼而((て))雅兄が御論ニも土佐一国にて学問致し候得バ、一国だけの論(に)いで(世界を)横行すれバ、又夫だけの目を開き、自ら天よりうけ得たる知を開か

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • 龍馬の手紙、宮地佐一郎
  • 講談社学術文庫、講談社
  • 2003(平成15)年12月10日