てがみ 009 ぶんきゅうさんねんろくがつじゅうろくにち いけくらたのははあて
手紙 009 文久三年六月十六日 池内蔵太の母あて

冒頭文

いさゝか御心をやすめんとて、 六月十六日に 認((したため))候文。       直陰 龍馬よりも申上候。扨、蔵が一件ハ今 朝廷のおぼしめしもつらぬかず、土州を初メ諸藩のとの様がた皆〻国にかへり、蔵が心中にハ思よふ土州など世の中のあまりむつかしくなき時ハ、土佐のとの様を初、江戸でも京でも唯へら〳〵と国家をうれへるの、すべつたのとやかましくいゝひろき、当今に至りていよ〳〵むつかしく

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • 龍馬の手紙、宮地佐一郎
  • 講談社学術文庫、講談社
  • 2003(平成15)年12月10日