てがみ 008 ぶんきゅうさんねんごがつじゅうしちにち さかもとおとめあて
手紙 008 文久三年五月十七日 坂本乙女あて

冒頭文

此頃ハ天下無二の軍学者勝麟太郎という大先生に門人となり、ことの外かはいがられ候て、先((まず))きやく((客))ぶんのよふなものになり申候。ちかきうちにハ大坂より十里あまりの地ニて、兵庫という所ニて、おゝきに海軍ををしへ候所をこしらへ、又四十間、五十間もある船をこしらへ、でしどもニも四五百人も諸方よりあつまり候事、私初((ママ))栄太郎((高松太郎))なども其海軍所に稽古学問いたし、時〻船乗のけい

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • 龍馬の手紙、宮地佐一郎
  • 講談社学術文庫、講談社
  • 2003(平成15)年12月10日