てがみ 003 あんせいごねんしちがつごろ さかもとおとめあて
手紙 003 安政五年七月頃 坂本乙女あて

冒頭文

(表面) 此状もつて行者ニ、せんの大廻の荷のやり所がしれん言ハれんぞよ。 此勇((ママ))(男)のに物ぢやあきに、状が龍馬から来たけんどまちがつたと御いゝ可勇(レ)被勇(レ)下候。 先便差出し申候しよふ婦(菖蒲)は皆々あり付申候よし、夫々((それぞれ))に物も付(着)申候よし、其荷は赤岡村元作と申候ものゝにて候。此状もちて行くものニて御座候。めしをたいてもらい候者ニて候。誠ニよき者故よろしく

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • 龍馬の手紙、宮地佐一郎
  • 講談社学術文庫、講談社
  • 2003(平成15)年12月10日