てがみ 002 あんせいさんねんくがつにじゅうくにち さがらやげんのすけあて
手紙 002 安政三年九月二十九日 相良屋源之助あて

冒頭文

二白、御家内へも宜敷御伝声可(レ)被(レ)下候、以上。 一筆啓上仕候。冷気次第に相増し候へ共、弥((いよいよ))御安全可弥(レ)被弥(レ)成目出度奉弥(レ)存候。随而((したがつて))野生儀道中筋無随而(二)異議随而(一)江戸に着仕り、築地屋敷に罷在候。乍随而(レ)憚御休意被随而(レ)下度候。陳者出足の節は御懇念被随而(レ)下、又御見事成る御送物被随而(レ)下千万忝き次第に奉随而(レ)存候。早速

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • 龍馬の手紙、宮地佐一郎
  • 講談社学術文庫、講談社
  • 2003(平成15)年12月10日