ラハイナまできたりゆう
ラハイナまで来た理由

冒頭文

ラハイナまで来た理由 カアナパリまでの飛行機はどれも満席だった。いったんどこかほかの島へいき、そこからカアナパリへの飛行機を見つけるというアイディアを、僕はこれまで何度も試みた。一度も失敗したことがない。しかし今日はカフルイまで飛ぶことにした。すでに搭乗の始まっている便に空席があった。 マウイに向けて海の上を飛びながら、カアナパリの近くの砂糖きび畑にセスナで不時着したときのこと

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • コヨーテ No.4
  • スイッチパブリッシング
  • 2005(平成17)年2月10日