しょうはらん
小波瀾

冒頭文

ニコライ・イーリイッチ・ベリヤーエフというのはペテルブルグの家作(かさく)持ちで、競馬気違いで、そして栄養のいいてらてらした顔の、年の頃三十二ぐらいの若紳士であった。その彼がある晩のこと、オリガ・イワーノヴナ・イルニナ夫人に逢(あ)いに行った。この女は彼と同棲(どうせい)していた、或いは彼自身の表現を借りれば、彼は彼女と退屈な長ったらしいロマンスをひきずっていたのであった。実際、このロマンスのはな

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • カシタンカ・ねむい 他七篇
  • 岩波文庫、岩波書店
  • 2008(平成20)年5月16日