(ななせんでバットをかって)
(七銭でバットを買つて)

冒頭文

七銭でバットを買つて、 一銭でマッチを買つて、 ——ウレシイネ、 僕は次の峠を越えるまでに、 バットは一と箱で足りると思つた。 山の中は暗くつて、 顔には蜘蛛(くも)の巣が一杯かかつた。 小さな月が出てゐるにはゐたが、 それでも木の繁つた所は暗かつた。 ア、バアバアバアバ、 僕は赤ン坊の時したことを繰返した。 誰も通るものはなかつた。 暫くゆくと自転車を坂の下に落として、

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • 中原中也詩集
  • 角川文庫、角川書店
  • 1968(昭和43)年12月10日改版