(つらいこったつらいこった!)
(辛いこつた辛いこつた!)

冒頭文

辛いこつた辛いこつた! なまなか伝説的存在にされて あゝ、この言語玩弄者達の世に、 なまなか伝説的存在にされて、 (パンを奪はれ花は与へられ) あゝ、小児病者の横行の世に! 奴等の頭は言葉でガラガラになり、 奴等の心は根も葉もないのだ。 野望の上に造花は咲いて 迷つた人心は造花に凭(すが)る。 造花作りは花屋を恨む、 さて、花は造花程口がきけない。 造花造りの羽振のよさは、

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • 中原中也詩集
  • 角川文庫、角川書店
  • 1968(昭和43)年12月10日改版