きたりすナトキンのはなし
きたりすナトキンのはなし

冒頭文

ノラに おくる ものがたり これは おはなしです——つまりは きたりすの しっぽの はなしで、 そのこの なまえは ナトキンと いいました。 チンクルベリという おにいさんと おおぜいの いとこがいて、 みんなして みずうみの ほとりにある 1ぽんの きに すんでいました。 そのみずうみの まんなかには しまが あって、 もりと どんぐりの やぶに おおわれて、 1ぽんの が

文字遣い

新字新仮名

初出

底本