ほしとピエロ
星とピエロ

冒頭文

何、あれはな、空に吊した銀紙ぢやよ かう、ボール紙を剪(き)つて、それに銀紙を張る、 それを綱か何かで、空に吊し上げる、 するとそれが夜になつて、空の奥であのやうに 光るのぢや、分つたか、さもなけれあ空にあんなものはないのぢや それあ学者共は、地球のほかにも地球があるなぞといふが そんなことはみんなウソぢや、銀河系なぞといふのもあれは 女(をなご)共の帯に銀紙を擦(す)りつけたものに

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • 中原中也詩集
  • 角川文庫、角川書店
  • 1968(昭和43)年12月10日改版