つかれやつれたうつくしいかお
疲れやつれた美しい顔

冒頭文

疲れやつれた美しい顔よ、 私はおまへを愛す。 さうあるべきがよかつたかも知れない多くの元気な顔たちの中に、 私は容易におまへを見付ける。 それはもう、疲れしぼみ、 悔とさびしい微笑としか持つてはをらぬけれど、 それは此の世の親しみのかずかずが、 縺(もつ)れ合ひ、香となつて籠る壺なんだ。 そこに此の世の喜びの話や悲しみの話は、 彼のためには大きすぎる声で語られ、 彼の瞳はうるみ

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • 中原中也詩集
  • 角川文庫、角川書店
  • 1968(昭和43)年12月10日改版