くらいてんこう
暗い天候

冒頭文

二 こんなにフケが落ちる、   秋の夜に、雨の音は トタン屋根の上でしてゐる……   お道化(どけ)てゐるな—— しかしあんまり哀(かな)しすぎる。 犬が吠える、虫が鳴く、   畜生! おまへ達には社交界も世間も、 ないだろ。着物一枚持たずに、   俺も生きてみたいんだよ。 吠えるなら吠えろ、   鳴くなら鳴け、 目に涙を湛(たた)へて俺は仰臥さ。   さて、俺は何時

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • 中原中也詩集
  • 角川文庫、角川書店
  • 1968(昭和43)年12月10日改版