くも

冒頭文

山の上には雲が流れてゐた あの山の上で、お弁当を食つたこともある……  女の子なぞといふものは  由来桜の花弁(はなびら)のやうに、  欣(よろこ)んで散りゆくものだ  近い過去も遠いい過去もおんなじこつた  近い過去はあんまりまざまざ顕現するし  遠いい過去はあんまりもう手が届かない 山の上に寝て、空をみるのも 此処にゐて、あの山をみるのも 所詮は同じ、動くな動くな あゝ、

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • 中原中也詩集
  • 角川文庫、角川書店
  • 1968(昭和43)年12月10日改版