かいだんぼたんどうろう 02 じょ
怪談牡丹灯籠 02 序

冒頭文

孔子は恠力乱神(かいりょくらんしん)を語らずといい給えども左伝(さでん)には多く怪異の事を載(の)せたり又中庸(ちゅうよう)に国家将(まさ)に興(おこ)らんとすれば禎祥(ていしょう)有り国家将(まさ)に亡(ほろ)びんとすれば妖孽(ようげつ)ありと云うを見れば世の中には不可思議無量の事なしと言い難(がた)し殊(こと)に仏家(ぶっか)の書には奇異の事を出(いだ)し之(これ)を方便(ほうべん)となし神通

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 圓朝全集 巻の二
  • 近代文芸資料複刻叢書、世界文庫
  • 1963(昭和38)年7月10日