ちちのこんれい
父の婚礼

冒頭文

一 父の婚禮といふものを見たのは、決して自分ばかりではない。それは繼母といふものを有(も)つた人々の、よく知つてゐることである。 曾て、クロポトキンの自傳を讀んだ時、まだ二十とはページを切らぬところに、父の婚禮を見ることが書いてあつたことを覺えてゐる。 ……母が死んでから、父はもうそろ〳〵其の眼を世間の若い美しい娘たちの上に投げた。——といふやうなことが、あの黄色い假

文字遣い

旧字旧仮名

初出

底本

  • 鱧の皮
  • 岩波文庫、岩波書店
  • 1952(昭和27)年11月5日