かいちょうおん
海潮音

冒頭文

遙に此書を滿州なる森鴎外氏に獻ず 大寺の香の煙はほそくとも、空にのぼりてあまぐもとなる、あまぐもとなる 獅子舞歌 海潮音序 卷中收むる所の詩五十七章、詩家二十九人、伊太利亞に三人、英吉利に四人、獨逸に七人、プロヷンスに一人、而して佛蘭西には十四人の多きに達し、曩の高踏派と今の象徴派とに屬する者其大部を占む。 高踏派の

文字遣い

旧字旧仮名

初出

底本

  • 上田敏全訳詩集
  • 岩波書店
  • 1962(昭和37)年12月16日