いしとりょこうかばんのはなし
医師と旅行鞄の話

冒頭文

サイラス・キュー・スカダモーア氏は、單純な、惡氣のない、若い亞米利加人だつた。この男の生れた新英蘭は、同じ新世界のうちでも、特にさういふ性質が缺けてゐると言はれてゐる地方なので、その點が一層彼の信用を増すもととなつてゐた。この男は非常な金持だつたが、自分の小遣と云へば、いつも克明に小さな紙製の手帳につけてゐた。そして羅甸區の所謂家具附ホテルの七階から、巴里の人氣場所などをあれかこれかと調べて樂しみ

文字遣い

旧字旧仮名

初出

底本

  • 新アラビヤ夜話
  • 岩波文庫、岩波書店
  • 1934(昭和9)年6月30日