しんアラビヤやわ じょ
新アラビヤ夜話 序

冒頭文

スティーヴンスンは近代の英文學者中で最もよく吾が國に紹介された者の一人であるから、恐らく茲に其傳記などを詳説する必要はあるまい。「寶島」は大抵の人が少年時代に一度は胸を轟かせる海賊奇談で、「ジーキル博士とハイド氏」は映畫でお馴染になつてる者も少くないと思ふ。專門學校程度以上の學校の學生々活を經驗した者なら、誰でも彼の短篇小説の一つ二つには原文で接觸してゐよう。それ程に彼の作品が吾が國に於て普遍性を

文字遣い

旧字旧仮名

初出

底本

  • 新アラビヤ夜話
  • 岩波文庫、岩波書店
  • 1934(昭和9)年6月30日