しょだいたにかぜかじのすけ
初代谷風梶之助

冒頭文

前に谷風なく後に谷風なしと称さるゝ仙台の産、谷風梶之助は、蓋し江戸勧進角力あつてより、昭和の今日に至るまで、力士中の第一人者として、何人も否定する者なき名力士である。故記を案ずるに、此の谷風以前に谷風と称せる力士一二人あり。其の中の讚州高松の谷風梶之助といへるは、大阪に於て多年雄飛して殆んど敵するものなしと言はれし大力士であつたが、後に仙台の谷風出づるに及んで、前の谷風の名は世間に称さるゝこともな

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • 日本の名随筆 別巻2 相撲
  • 作品社
  • 1991(平成3)年4月25日