しろ

冒頭文

保険会社の役人テオドル・フィンクは汽車でウィインからリヴィエラへ立った。途中で旅行案内を調べて見ると、ヴェロナへ夜中に着いて、接続汽車を二時間待たなくてはならないということが分かった。一体気分が好くないのだから、こんなことを見付けて見れば、気はいよいよ塞いで来る。紙巻烟草に火を附けて見たが、その煙がなんともいえないほど厭(いや)になったので、窓から烟草を、遠くへ飛んで行くように投げ棄てた。外は色の

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 於母影 冬の王 森鴎外全集12
  • ちくま文庫、筑摩書房
  • 1996(平成8)年3月21日