ひとりぶたい
一人舞台

冒頭文

人物 甲、夫ある女優。 乙、夫なき女優。 婦人珈琲店の一隅。小さき鉄の卓二つ。緋天鵞絨張の長椅子一つ。椅子数箇。○甲、帽子外套の冬支度にて、手に上等の日本製の提籠を持ち入り来る。乙、半ば飲みさしたる麦酒の小瓶を前に置き、絵入雑誌を読みいる。後対話の間に、他の雑誌と取り替うることあり。 甲。アメリイさん。今晩は。クリスマスの晩だのに、そんな風に一人で坐(すわ)っている

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 於母影 冬の王 森鴎外全集12
  • ちくま文庫、筑摩書房
  • 1996(平成8)年3月21日