しきとやきゅう
子規と野球

冒頭文

私は七つのとき村の小学校に入つたが、それは明治廿一年であつた。丁度そのころ、私の兄が町の小学校からベースボールといふものを農村に伝へ、童幼の仲間に一時小流行をしたことがあつた。東北地方の村の百姓は、さういふ閑をも作らず、従つて百姓間にはベースボールは流行せずにしまつた。 正岡子規が第一高等中学にゐてベースボールをやつたのは、やはり明治廿二年頃で、松羅玉液といふ随筆の中でベースボールを論じ

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • 日本の名随筆 別巻73 野球
  • 作品社
  • 1997(平成9)年3月25日