くれしゅうぞうせんせい
呉秀三先生

冒頭文

故正岡子規先生の『仰臥漫録』は、私の精神生活にはなくてかなわぬ書物の一つであった。 『仰臥漫録』の日々の筆録が明治三十四年九月に入って、「病人の息たえだえに秋の蚊帳」とか「病室に蚊帳の寒さや蚊の名残」とか、「糸瓜(へちま)さへ仏になるぞ後(おく)るるな」などいうあわれな句が書いてあるようになって、その廿三日のくだりに、 九月廿三日。晴。寒暖計八十二度(午后三時) 未明ニ家人ヲ起シテ

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 日本の名随筆 別巻43 名医
  • 作品社
  • 1994(平成6)年9月25日