カフエ・ミネルワ
カフエ・ミネルワ

冒頭文

森鴎外の作、「うたかたの記」といふ短篇は、ミユンヘンを場面として、巨勢といふ若い日本洋画家と、マリイといふ独逸少女との恋愛を物語り、少女は湖水に溺れて、『少女は蘇らず。巨勢は老女と屍の傍に夜をとほして、消えて迹なきうたかたのうたてき世を喞ちあかしつ』といふに終る、まことに可憐な小説である。これは夙に水沫集に収められて多くの人に読まれた。そこで、巨勢といふ洋画家は原田直二郎をモデルにして書いたものだ

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • 日本の名随筆 別巻3 珈琲
  • 作品社
  • 1991(平成3)年5月25日