げんじものがたり 56 ゆめのうきはし
源氏物語 56 夢の浮橋

冒頭文

明けくれに昔こひしきこころもて生く る世もはたゆめのうきはし (晶子) 薫(かおる)は山の延暦寺(えんりゃくじ)に着いて、常のとおりに経巻と仏像の供養を営んだ。横川(よかわ)の寺へは翌日行ったのであるが、僧都(そうず)は大将の親しい来駕(らいが)を喜んで迎えた。これまでからも祈祷(きとう)に関した用でつきあっていたのであるが、特に親しいという間柄にはなっていなかったところが、今

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 全訳源氏物語 下巻
  • 角川文庫、角川書店
  • 1972(昭和47)年2月25日改版