げんじものがたり 55 てならい
源氏物語 55 手習

冒頭文

ほど近き法(のり)の御山(みやま)をたのみたる女郎花(をみなへし) かと見ゆるなりけれ    (晶子) そのころ比叡(ひえ)の横川(よかわ)に某僧都(なにがしそうず)といって人格の高い僧があった。八十を越えた母と五十くらいの妹を持っていた。この親子の尼君が昔かけた願果たしに大和(やまと)の初瀬(はせ)へ参詣(さんけい)した。僧都は親しくてよい弟子(でし)としている阿闍梨(あじゃ

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 全訳源氏物語 下巻
  • 角川文庫、角川書店
  • 1972(昭和47)年2月25日改版