げんじものがたり 53 うきふね
源氏物語 53 浮舟

冒頭文

何よりも危ふきものとかねて見し小舟の 中にみづからを置く     (晶子) 兵部卿(ひょうぶきょう)の宮は美しい人をほのかに御覧になったあの秋の夕べのことをどうしてもお忘れになることができなかった。たいした貴族の娘ではないらしかったが婉嬋(えんぜん)とした美貌(びぼう)の人であったと、好色な方であったから、それきり消えるようにいなくなってしまったことを残念でたまらぬように思召(

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 全訳源氏物語 下巻
  • 角川文庫、角川書店
  • 1972(昭和47)年2月25日改版