げんじものがたり 45 こうばい
源氏物語 45 紅梅

冒頭文

うぐひすも問はば問へかし紅梅の花の あるじはのどやかに待つ  (晶子) 今按察使(あぜち)大納言といわれている人は、故人になった太政大臣の次男であった。亡(な)き柏木(かしわぎ)の衛門督(えもんのかみ)のすぐの弟である。子供のころから頭角を現わしていて、朗らかで派手(はで)なところのある人だったため、月日とともに地位が進んで、今では自然に権力もできて世間の信望を負っていた。夫人

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 全訳源氏物語 下巻
  • 角川文庫、角川書店
  • 1972(昭和47)年2月25日改版