けんか しなののくに
県歌 信濃の国

冒頭文

一 信濃の国は十州に  境連ぬる国にして  聳(そび)ゆる山はいや高く  流るる川はいや遠し  松本伊那佐久善光寺  四つの平(たいら)は肥沃(ひよく)の地  海こそなけれ物(もの)さわに  万(よろ)ず足らわぬ事(こと)ぞなき 二 四方(よも)に聳(そび)ゆる山々は  御嶽(おんたけ)乗鞍(のりくら)駒(こま)ヶ岳(たけ)  浅間は殊(こと)に活火山  いずれも国の鎮(しず

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 淺井洌
  • 松本市教育会
  • 1990(平成2)年12月20日