げんじものがたり 39 ゆうぎりいち
源氏物語 39 夕霧一

冒頭文

つま戸より清き男の出(い)づるころ後夜(ごや)の 律師のまう上るころ    (晶子) 一人の夫人の忠実な良人(りょうじん)という評判があって、品行方正を標榜(ひょうぼう)していた源左大将であったが、今は女二(にょに)の宮(みや)に心を惹(ひ)かれる人になって、世間体は故人への友情を忘れないふうに作りながら、引き続いて一条第(てい)をお訪(たず)ねすることをしていた。しかもこの状

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 全訳源氏物語 中巻
  • 角川文庫、角川書店
  • 1971(昭和46)年11月30日改版