げんじものがたり 36 かしわぎ
源氏物語 36 柏木

冒頭文

死ぬる日を罪むくいなど言ふきはの涙 に似ざる火のしづくおつ  (晶子) 右衛門督(うえもんのかみ)の病気は快方に向くことなしに春が来た。父の大臣と母夫人の悲しむのを見ては、死を願うことは重罪にあたることであると一方では思いながらも、自分は決して惜しい身でもない、子供の時から持っていた人に違った自尊心も、ある一つ二つの場合に得た失望感からゆがめられて以来は厭世(えんせい)的な思想

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 全訳源氏物語 中巻
  • 角川文庫、角川書店
  • 1971(昭和46)年11月30日改版