かくめいのけんきゅう
革命の研究

冒頭文

これは主としてフランス大革命の事実にもとづいて述べたものであるが、僕等はさらにこれをロシアの現状に照らし合せて見て、そのますます真実なことにむしろ驚くものである。 ボルシェヴィキの謀反人バンクハスト女史も、その機関誌『ウォーカース・ドレッドノート』にこれを掲載して、共産主義者の反省を求めている。 革命の時に、どんな奴がどんなことをするかは、だまされまいと思う労働者のよく知ってい

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 大杉栄・伊藤野枝選集第一巻 クロポトキン研究
  • 黒色戦線社
  • 1986(昭和61)年6月1日