たからじま 01 じょ
宝島 01 序

冒頭文

「宝島」はロバート・ルーイス・スティーヴンスン(一八五○—一八九四)の最初の長篇小説であり、彼の出世作であるが、また彼の全作中でも最も高名な名作であることは周知の通りである。紀行文、随筆(エッセー)、短篇小説などにおける彼の数年間の文筆生活の後に、一八八一年の九月、スコットランドのブレーマーでの療養中に書き始められた。作者自身の記すところによれば、彼が或る日彼の妻の連子である少年ロイド・オズバンの

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 宝島
  • 岩波文庫、岩波書店
  • 1935(昭和10)年10月30日