げんじものがたり 35 わかな(げ)
源氏物語 35 若菜(下)

冒頭文

二ごころたれ先(ま)づもちてさびしくも悲 しき世をば作り初(そ)めけん  (晶子) 小侍従が書いて来たことは道理に違いないがまた露骨なひどい言葉だとも衛門督(えもんのかみ)には思われた。しかももう浅薄な女房などの口先だけの言葉で心が慰められるものとは思われないのである。こんな人を中へ置かずに一言でも直接恋しい方と問答のできることは望めないのであろうかと苦しんでいた。限りない尊敬

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 全訳源氏物語 中巻
  • 角川文庫、角川書店
  • 1971(昭和46)年11月30日改版